2012年08月24日

消防救急車を、タクシー代わりに利用・使用してはなりませんよ!!

画像 434 救急車.JPG
(山口県防災危機監理 平成23年度 消防年報 救急編より)
山口県の消防年報 平成22年度・23年度 出動件数の比較から
23年度の出動件数は、63,453件、昨年22年度より、
3,410件増の過去最高となりました。
弊社にも、関係する病院間での転院搬送は、減少どころではなく、こちらも
過去最高で、7,683件と右肩上がりに増え続けて恥ずかしいですね。
1.消防救急車は、救命を主眼とする救急活動に専念させて下さい。
2.消防救急車が、一度出動すると必要経費が、45,000円以上かかるの
ご存知? 命にかかわる傷病者が消防救急車を待っております。
3.民間救急車が、医療処置継続転院搬送等の受皿にすでに定着済みです。
県民の皆さん及び、医療・消防機関の皆さん、本当に目を覚まして下さい。
今後は、もっと消防救急車の適正利用をPRし、タクシー代わりに出動しない・
転院搬送出動は、「絶対」させないようお願いする方法はないものですかね?
※119消防指令室がいつの間にかタクシーの配車室も兼ねてる?・・・
posted by Q太郎 at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

搬送・移送中での医療行為について

民間事業所 所属の看護師が搬送元の医師の指示により行うことができる
医療行為として以下の特定5項目が認められています。

1.搬送元の医師の指示による点滴の管理
2.搬送元の医師の指示による酸素投与の管理
3.搬送元の医師の指示によるモニター監視
4.搬送元の医師の指示による痰の吸引
5.搬送元の医師の指示による経管栄養及び経管与薬
posted by Q太郎 at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

高規格プライベート民間救急車の概要

画像 699.jpg

「主な車内設備」
○防振ベット・ストレッチャー・スクープストレッチャー
○酸素供給装置10ℓボンベ2本・携帯3ℓボンベ1本・マスク
○電動吸引器・カテーテル・精製水・滅菌ガーゼ・グローブ
○点滴管理用具
○医療用正弦波100V300Wインバーター
○心電図モニター (生体情報モニター)
○SPO2モニター・血圧モニター
○洗面台・換気扇・殺菌灯
○アンビュバック
○AED・背面ボード・エアウェイ
○感染防御衣・各種消毒用品・創傷等保護用資器材

画像 778.jpg
posted by Q太郎 at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする